2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

counter

« 13セルテート2004CH | トップページ | フィッシングショー大阪2014 その2 »

フィッシングショー大阪2014 その1

雪の降る中行ってきました、フィッシングショーOSAKA2014 (`・ω・´)ゞビシッ!!

今回のお目当てはnote

シマノ 14ステラ
ダイワ モアザン
ダイワ ソルティガ エクスペディション
ティクト SRAM UTR-55-one-TOR

なかでも14ステラは興味津々eye

3年周期のモデル周期を覆してまでも、作り込まれたNEWステラ。

悪い訳が無い(`・ω・́)


と思っていたんだけど、シマノHPや雑誌で見るステラは驚く程格好悪い(´・ω・`;)

どうしちゃったのシマノsweat01

でも今までもステラの新製品が出るたびに「新モデルは格好悪い」と思ってみても、実物を見るとやっぱりカッコいいーって思わせるのがステラデザインです。

さて、そんなシマノデザイン。今回のNEWステラの実物はというと、、、

Dsc00706

ん?悪くない

いや、しかし写真を撮った角度にも依るかもと思い、購入候補の4000XGを下に置いて撮影してみると、、、

Dsc00708

やっぱり格好悪い(´・ω・`;)

スプールのデザインも格好悪いけど、それより一番許せないのはココ

Dsc00709

ボディ底部がスッキリしすぎている点でしょうdespair

これは「ウォームシャフト」をボディの上部に配置したことにより、ボディ下部のスペースが空き、それが外観のデザインにまで影響した為。

確かに機能的には良くなった点ではあると思うけど、これだけ高いリールにしては冒険した感のあるデザインですね。

高価なステラなのに激安リールのサハラとあんまり変わらないじゃん(`・д´・;)!?



次にマイクロモジュールギアについて

早速実物を手に取ってハンドルを回してみた。

、、、

ん?若干スムーズさが増したかなsign02

10ステラでも巻きがスムーズだっただけに、この差は極わずか。

ハンドル回転ソムリエじゃないと、違いは分からないんじゃないでしょうか?

やっぱりステラは巻き心地が違うーーって言う人にはいいんじゃないでしょうか

私には04、07、10、14、どれも文句無く滑らかですよ(*‘ω‘ *)


最後に「コアプロテクト」

▼各部に特殊撥水処理を施し、特殊グリスによって全方向からの水の浸入をブロックするのがコアプロテクト。
(シマノHPより抜粋)

マグシールドというダイワ最大の武器に対して、今回の14ステラの防水機能がコアプロテクト。

よくわからないけど、私にとってはボディ内部よりもどこよりもラインローラー部の塩ガミや錆を防いでくれさえすれば、それで満足なんです。

それでシマノの人にそこの所を詳しく聞いてみました。


Q、13ステラSWと14ステラのラインローラーを比べると、どっちがベアリングの錆や塩ガミに対して防御効果が高いの?

A、同じくらい効果があると思われる


なんと!思ったより効果が期待出来るんじゃ無いでしょうか?

撥水処理という言葉に疑心的でしたがシマノ様が言うんだから、間違いない?

13ステラSWの時はプロモーションで海中に沈めたステラSWの映像がありましたが、その13ステラSWのラインローラーと同等くらいの防錆が期待出来るラインローラーだって?


怪しい、、、


するとシマノの人がラインローラーベアリング部の実物を見せてくれましたeye

Dsc00707

10ステラのラインローラーベアリングは2個に対して14ステラのラインローラーベアリングはこの写真の1個。

さらに良く見るとアームローラーと一体式じゃないですかsign01

その取り付けも一体式のため10ステラのラインローラー部のようにベアリングを交換するのにもひと苦労させられそうな作りから一新されてるって話しだしear

こ、これは

(・∀・)イイ!!

仮にベアリング部から異音が鳴りだしても、自分で替えられそう

というかこのラインローラー部を10ステラに取り付けできるかも?

、、、

いま使ってるベアリングから異音が鳴りだしたら、テストで14ステラ用ラインローラーを購入してみようかと思います。


14ステラまとめ

4年ぶりのフルモデルチェンジは機能的にとても充実しているようです。

ステラならではの実験的な技術革新をしてしまったが為に、デザインが微妙になりましたが見る角度によってはまだ見れ無い事も無い。(最近は見慣れてきましたが)

マイクロモジュールギアは超繊細な巻きに対して有効だし、防水機能も素晴らしい。

07ステラから10ステラの時のような、「変わったのデザインだけじゃん」的な事がないからいいかもしれませんね。

ということで、フィッシングショー大阪 シマノ14ステラ編の終了です。

後の記事は後日書きます。

たぶんさらっと流す程度しかありませんが(*‘ω‘ *)

« 13セルテート2004CH | トップページ | フィッシングショー大阪2014 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 13セルテート2004CH | トップページ | フィッシングショー大阪2014 その2 »