2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

counter

« フィッシングショー大阪2014 その1 | トップページ | 3月15日 福井 »

フィッシングショー大阪2014 その2

フィッシングショー大阪2014 その1ではシマノブースにて14ステラを弄んできましたので、その2となる今回はその他興味を持った商品をさらっと紹介します

シマノの次に向かったのはダイワブースでした。

お目当てはマグシールドベアリング搭載のリール「モアザン」と「ソルティガ エクスペディション」。

しかしさすがダイワです

マグシールド優位となれば、グイグイとマグシールド推しをしてきますが、今回はボールベアリングまでマグシールド化させてきましたか。

正直スゴいですshine

リールはシマノ派の私ですが、このマグシールドは羨ましいsweat01

Dsc00720

ソルティガを手に取ってハンドルを回してみると、当然のように13ステラSWより回転が軽い、軽いflair

Dsc00719

そして次にモアザンを手に取り同様にハンドルをクルクルクル〜と回してみる

やはり、軽い。

しかし、コチラの比較対象は先ほど見てきた14ステラ。

14ステラのハンドル回転に比べると、鈍感な私でも回した感じが違うというのが分かります(値段も違うけどsweat02)。

どちらが好みかと聞かれれば、間違いなく14ステラです。

もっと言えばハンドル回転の軽さだけで言うなら、シマノのヴァンキッシュのほうがいい感じです。

技術のダイワに対して、品質のシマノって感じでしょうか?

このリールクラスだったらハンドルを回して潮の流れが分かったり、バイブレーションプラグ等の引き重り感のあるルアーを軽く巻いて起これれば文句無しだと考えています。

フィッシングショーだけのほんの短時間で見ただけでは、良さがわかりませんから実際の釣行で使ってみないと、なんとも言えませんねcoldsweats01

しかし、ステラもそうですが、もう素人では本体をバラしてメンテナンスする事が出来なくなりましたね。


さて他にもいろいろと回ってきましたが、今回のフィッシングショーではアジングロッドの下見も兼ねてました。

ショー出品者を見て、なかでも見てみたかったのはティクト。(34も出品してたらもっとよかった)

ちょうど担当の人が居たので、どれを選べば良いのか聞いてみた。

「対象のアジが20センチ以下の小型」
「使用リグが極小ジグヘッド単体がメイン」
「使用場所が漁港」

と伝えると、参考出品中のTORZITEリングが搭載されたロッド「SRAM UTR-55」を手に渡たされた

Dsc00713

とりあえずブンブンさせてみると

か、軽いnote
張り強ええnote
ワンピースだし感度良さそうnote

という感じでした。パッツン系ロッドのようで、0.2号や0.3号のアジングマスター等の極細エステルラインをセットし、活性の高い小型アジを掛けに行く釣りに向いていそうなロッド

ほ、欲しいshine

市場には5、6月頃お目見えするとの事だったので、それまでに買うかどうか考えます


次に富士工業へ寄って「TORZITE」リングを見てきましたeye

Dsc00722

Dsc00723

良い事尽くめのようですeye

しかし衝撃デモでトルザイトリングが破損

担当者の話しでは、「トルザイトが破損する状況だったらSiCでも同様に破損する」とのことear

本当か?

まあでもロッドを倒しただけでもリングガイドは破損するから、慎重に扱うにこした事は無いでしょうcoldsweats01


ということでフィッシングショーレポートは終了します。

ほかにもいろいろ見てきましたが、私の興味のある事だけ載せておきました。

あ、あとは「ピチットシート」で有名なオカモト株式会社が出品されてましたsign01

特大サイズのピチットシートが貰えたので、横浜のショーへ行く方がおられたら是非寄ってみてはいかがでしょうかsmile

« フィッシングショー大阪2014 その1 | トップページ | 3月15日 福井 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フィッシングショー大阪2014 その1 | トップページ | 3月15日 福井 »