2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

counter

« | トップページ | 5月21日 敦賀 »

アシストフック自作

ここのところショアジギング釣行するたびにジグをロストしてるsweat02

そんなことしてるとジグ自体も痛いけど、アシストフックも一緒にロストするのも意外に高コストであると気付きました。
で、ネットで調べるとアシストフックを自作したほうが低コストで済ませられるらしいeye
ということで早速作ってみました

Dsc00214

写真は今回購入してきたのも
タイイングバイス、スプリングリング、溶接リング、セキ糸(2号)、耐熱チューブ(3mm)、ライター、ボビン、テクノーラ組糸、フック、瞬間接着剤。
あとあると便利なのがPEラインを強力にカット出来るハサミ。
【補足】
テクノーラ組糸は写真だと140lbを買ってきましたが、ショアから40g程度のメタルジグをキャストする、ライトショアジギングでは太過ぎました。
今度買ってくるとしたらもっと細いのにします。カルティバのテクノーラ組糸だと110lbが一番細いと思うけど、本当はもっと細くていいと思います

Dsc00215

Dsc00216

テクノーラ組糸の取説を参考にしながら作業します。

Dsc00221

一番最初に出来た完成品です。
セキ糸は瞬間接着剤でしっかりと固定させています。
耐熱チューブを入れるのを忘れてましたcoldsweats02

Dsc00222

という事で第二弾shine
まあまあ出来るようになりました。

Dsc00223

フックは右の大ヒラマサの14号。しかしこれがライトショアジギングにとっては相当の太軸フックでしたsweat02
写真左のフックだと若干小さいのですが、細さがちょうどよかった。
15号でもよかったかも。
同じ14号で比べるとメーカーの違いで、がまかつだと若干小さく感じる。
15号まで売ってましたので、これがなくなったら今度は15号にしてみます。
フックについてはお好みでよいと思いますので参考までに

アシストフックその2も書きました

がまかつ(Gamakatsu) 伊勢尼
がまかつ(Gamakatsu) 伊勢尼








YGKよつあみ セキ糸 NO.2
YGKよつあみ セキ糸 NO.2








シャウト(Shout!) アシストPEライン
シャウト(Shout!) アシストPEライン








オフト(OFT) CF ボビンホルダー タイプ3
オフト(OFT) CF ボビンホルダー タイプ3








シャウト(Shout!) ライトゲームアシスト
シャウト(Shout!) ライトゲームアシスト

いつも購入しているアシストフックです。Lサイズまでならよく見かけるんですが、LLサイズはあまり見かけませんsweat01

« | トップページ | 5月21日 敦賀 »

タックル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | 5月21日 敦賀 »