2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

counter

« 5月21日 敦賀 | トップページ | 6月4日 敦賀 »

シマノ10ステラ4000XGと11ツインパワー4000XG

サーフルアー用に購入したリールでステラとツインパワーの比較をしてみましたwink

対象は今回購入した同じ番手の4000XGモデル
(番手が違えば状況が違ってくると思いますので、ブログを読んでる人は参考程度にお考えください)


【デザインについて】

人それぞれだと思いますが私は今回のツインパワー(11モデル)について、08ツインパワーのスプールデザインにくらべると11ツインパワーのスプールは好きじゃない。反対にステラについては07モデルのスプールデザインが好きじゃなかったから10ステラはかなり気に入ってます。ボディ自体のデザインは新旧それほど変化が見られないためデザイン面ではステラ圧勝です。
細かい箇所に値段の差を感じさせてるのがステラですshine


【双方機能的に新旧比べると】

○X-SHIP搭載
○ラインローラーオイルインジェクションの追加
○ハンドル部のデザイン変更(とくにツインパワーはハンドルの折りたたみ構造が変更になった)

ステラ、ツインパワー共に正常進化してますね。とくにAR-Cスプール搭載後のシマノのリールは旧モデルでも優秀です。
ハイギアを求める方は新モデル、と考えていいんじゃないでしょうか


【スペックを比べると】

4000XGだと糸巻き量、ハンドル一回転したときの巻き取り量が違う←ここ重要eye
重量、パーツ・・・
当然値段も違うmoneybag


【実際に比べてみた】

フィールドでテストしてみた感想だと同じライン、同じルアーでキャストして巻いてくると明らかにツインパワーのほうが回転が軽く感じられる。引き抵抗のあるバイブレーションプラグだと、数投もするとステラではハンドルを回転させるのが苦痛になってきます。エクストラハイギア搭載でゆっくり巻いてもレンジキープ出来るからいいんだろうが、ノーマルギアに慣れてる私が普通にバイブレーションプラグを巻く速度でハンドルを回転させるのはかなり大変sweat01
スペックのところにも書いたが、ハンドル一回転での糸巻き量の違いがここまで影響してるのかもしれません。


【結論】

デザインを無視すればツインパワーのほうが使いやすい。
ボディ重量は違いますが、それぞれ重量配分されたボディのためあまり差を感じる事はなかったですね。
デザインを取るか、扱いやすさを取るかで選べばいいと思います。

参考までに私の場合だと・・・
デザイン優先でステラを購入してしまいました。ツインパワーはいつもよく一緒に釣りに行く同行者が先に買ったため同じのは買えませんでしたからcoldsweats01


Dsc00120

Dsc00194

スプール、ローター部、オイルインジェクション部など各部にステラは力をこめてます。

あと、こことかshine

Dsc00191

ここもshine

Dsc00190

でもツインパワーもここはステラと一緒flair

Dsc00121

シマノ(SHIMANO) 10ステラ 4000XG
シマノ(SHIMANO) 10ステラ 4000XG

ステラ史上一番好きなデザインの10ステラ。各部にリッチな部品を使用し、ゴールドのハンドルなんて特にゴージャスですshine

シマノ(SHIMANO) 11 ツインパワー 4000XG
シマノ(SHIMANO) 11 ツインパワー 4000XG

使い勝手の良い11ツインパワー。カタログ値ほどの重量の差は感じられません。ステラ並みのラインナップが魅力shine

« 5月21日 敦賀 | トップページ | 6月4日 敦賀 »

タックル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月21日 敦賀 | トップページ | 6月4日 敦賀 »