2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

counter

« 4月10日 琵琶湖 | トップページ | 4月24日 熊野 »

アンタレスDC ローラークラッチ交換

ここのところアンタレスDCの調子が悪く、ちょいと自分で直せないものかチャレンジしてみます。

で、その具合の悪い状態っては、キャストもしていないのに何気ないところでバックラッシュしちゃうって状態。
最初は意味不明で釣り場では??でした。
帰ってネットで検索してみると、それらしき現象のブログを発見!
どうやらハンドル付根にある「ローラークラッチ」が怪しいみたい。ローラークラッチって名前だけど、ようはワンウェイベアリング。たまに滑ってるのかもしれませんからここの部品だけ交換します。

Dvc10042001_8

写真に写っているベアリングが「ローラークラッチ」
ネジを2本外せば簡単に…

と思ってたけど、まったく外れる気配無しdown

写真の反対側から押してみたり、こねてみたりしてなんとか外れました。

Dvc10042002_7

しかしその後がもっとやっかい。写真の黒い部品からベアリングが外れません。
だったらこの黒い部品を発注…って言いたいとこだけど、部品設定がないgawk
シマノの陰謀か?
この部品さえパーツ発注できれば話しは早いんだけど、取り寄せれないものは仕方がありません。

こうなったら地道に写真のようにホジホジ…

Dvc10042003_2

ホジホジの最中に、この黒い部品をへこませたり破損させないように注意!!
間違ってここのところを壊したら終わりですからcoldsweats02

Dvc10042004

ここまでが長かった
組付ける時には方向に注意です。ワンウェイベアリングのため方向間違えて取付けるとハンドルまわりませんからsign03

あと、写真にはないけど「インナーチューブ」って部品にオイルとか付着してない事を確認してから組付けて作業終了happy01

今回の不具合はひょっとしたら、オイルがワンウェイベアリングに廻って滑ってたただけかも。
インナーチューブのところがオイルでべったりでしたからsweat02
オイルを注すのもほどほどにしといたほうがいいかもしれませんねcoldsweats01

« 4月10日 琵琶湖 | トップページ | 4月24日 熊野 »

タックル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月10日 琵琶湖 | トップページ | 4月24日 熊野 »